5/R HALL&GALLERY
出演者

[出演]倉原佳子
[友情出演]ユニットオブ打雅奴
 打雅奴
  鈴木哲朗(三味線・胡弓)
  七原紀子(篠笛)/伊田織江(篠笛)
  松村あゆみ(和太鼓)/ポール(和太鼓)
  岩岡まなみ(演舞和太鼓)
 団 則倫(魂刀流)
 成瀬 朝香(演舞)

プロフィール

倉原佳子(くらはらよしこ)

大分県出身のイタリア在住オペラ歌手。

中学校教育に一生をささげた父倉原五生の転勤にともない、
大分県日田市,尾平、緒方町で幼年期を過ごす。

小学5年時に、大分県竹田市豊岡小学校へ転校
茶道、生け花の師匠母倉原幸枝、弟倉原浩二とともに
滝廉太郎、隠れキリシタンのゆかりの地、竹田市に移住。

竹田中学校、竹田高等学校を経て
武蔵野音楽短期大学音楽学部、東京藝術大学音楽学部声楽科卒業、
金森静子、林ひろみ、高丈二氏に師事。

東京二期会オペラ研修生30期修了
藝大時代よりラジオDJをつとめるなど
ジャンルを超えたユニークな演奏活動を開始。

1991年よりイタリアを本拠地に演奏活動を始める。

1995年より家庭子育てに専念。
2008年活動復帰、聴衆の魅了する歌声はイタリア国家行事、ワールドカップ開催式など
国際行事イヴェントでのコンサート活動を再開。

2011年イタリア国歌統一150周年では彼女の歌うイタリア国歌が話題となり
各地で行われた公式記念式典コンサートイヴェントに出演
。
ボルミオ男子スキーワールドカップは彼女のイタリア国歌で幕を上げた。
新リズムイタリア代表チーム体操の表彰式にはYOSHIKOの歌うイタリア国歌が流されている。

2010年大震災の起こった3月11日彼女の誕生日以後
ヨーロッパ各地の教会で奉納演奏している。
アカペラで歌うグノーのアヴェマリアは国境も宗教の壁を越え
壮大な宇宙的愛と光のメッセージとして人々の心に浸透。

2013年9月29日ティラノ聖マリア出現記念大ミサでの奉納演奏は
ヴァチカンの、ラジオマリアにより全世界に中継放送され、感動の渦を巻き起こした。

2014年11日12日には、ボズニアマジュゴリアの聖母マリアの聖地でアヴェマリアを奉納。

2014年5月1日旧姓倉原佳子に戻り新しいウエブサイトを開設。

www.yoshikokurahara.com 
www.,soundcloud.com/yoshiko-kurahara では、
オンラインと同時に世界各国で反響をよび
1週間で3500シェア記録を更新中。
人間の心を揺さぶり、愛を伝えていく佳子の歌声は
次元を超え世界を包みはじめた。
https://yoshikokurahara.wordpress.com/倉原佳子/
 
※倉原佳子さんのHPより


<<戻る
▲ページTOPヘ

ホールメニュー
お知らせ
公演カレンダー
貸出について
ホール利用料金
総合トップ
ホール
ギャラリー
©2019 5/R HALL&GALLERY