公演情報詳細

販売中 主催

1月「Y♡SEコン」②「ムーンピロー・アンサンブル(ギター三重奏)」

千種でみちくさ “5/Rホール“ד千種駅周辺のお店” 仲良しコラボ・新企画!!

★再び、「ムーンピロー・アンサンブル(ギター三重奏)」見参★
あの3人の男たちがやって来る。バラバラの個性とバラバラな人生。
ところがどっこい、音楽とギターにかける情熱とド真剣さは半端ない愛しき彼らたち。
“月枕”(日本語訳)などという誰も見たことも聞いたこともない不可思議なユニット名を付けながら、ジェイソンが生み出す作品の数々は、その不可思議な既視感を漂わせる。そしてサウンドは「太陽」というよりはやはり「月」。ギラギラとした押し付けがましさよりも、気がつけばさらりとそっとついてくる、そんな感じ。
バラバラ、そうなのだ、強く美しい薔薇薔薇なのだよ♪

ついに開幕
・・・千種でみちくさ Y♡SE(寄席)コンサート[よせコン]・・・
 
毎月末金曜日、4組の演奏者が各45分の持ち時間の中で、代わる代わるアーティカルなステージを繰り広げ、コンサートの前後には、千種駅周辺のコラボショップなどでお楽しみいただけるコラボ・新企画!
☆コンサートは1番組だけを聴いても、4番組すべてを聴いてもチケット代は同じなのです。
 
【主催】5/R Hall&Gallery 音楽ホール
【マネジメント】ミュージック・ステーション
【協力】まいぷれ千種
まいぷれ千種
https://nagoya.mypl.net/chikusa/
【コラボショップの皆さん】
サブウェイ、あんかけ家千種駅前店、ニッショー千種支店、ほぐし庵、ミニミニ千種店、自然の薬箱カフェ&キッチン、びすとろう、Trarttoria KEIYA、千種駅前食堂、日本酒バーわさび、にわとりのすけ千種今池店、ヘアーサロン カノウ、Bar Kouryu、PEACE HAIR、花雑貨ブルーブラン、リペア&スタジオBremen、喫茶モノコト〜空き地〜、ワイン凛-Rin-、お好み焼き・鉄板焼でらや、内山クリーニング、にぎりたて、Caffè MAGGIORE、Cafe OPLA! 飛び猫亭 FLYING CAT、おばんざい はるちゃん、コラゾン Bar Corazon、おいしい日本酒と居酒屋料理 間蔵、ザ・モダンラヴァーズ、ワインバルMOURIS、BOOBEE、炭焼 焼鳥れっとり、ま〜さん食堂、I.HARA イハラ、shot bar win’s、旨い魚と豚料理 魚とん、shot bar NYX、とんかつ千ぐさ、みしなや ※以上順不同
【スペシャルサンクス】名古屋ピアノ調律センター

1月「Y♡SEコン」②「ムーンピロー・アンサンブル(ギター三重奏)」

1月「Y♡SEコン」②「ムーンピロー・アンサンブル(ギター三重奏)」

チケット詳細

日時 01月26日 (金) 17:00開演 (16:45開場)
料金 全席自由: 一般 1,500円

全席自由 1,500円
MSC会員 1,000円
※当日は各500円増し
 
「ムーンピロー・アンサンブル(ギター三重奏)」さんは、下記の②にご出演です♪
 ① 16:00開演(〜16:45)澤田さとこ&彦坂友美(Pf Duo)+α
 ② 17:00開演(〜17:45)ムーンピロー・アンサンブル(ギター三重奏)
  〜中入り〜 (17:45〜18:30)
 ③ 18:30開演(〜19:15)古沢郁枝&金子香穂里(Pf Duo)
 ④ 19:30開演(〜20:15)三谷弘貴(ピアノソロ)
 
※入替はありません。出入り自由です。一つの番組だけ聴いても、全ての番組を聴いても、料金は同じです。(^^)
※チケットは現在、ご予約中となります。近日発売です。
※チケットは、ご出演者からもご予約&お申し込みができます。
★チケットをお求めの方は、最下部の『みんなで、仲良く、楽しく、過ごすための、「Y♡SEコン」のルール』をご覧の上、お申し込みください。

販売期間 10月21日(土) 11:00〜01月25日(木) 23:59
出演者

ムーンピロー・アンサンブル(ギター三重奏) The Moonpillow Ensemble
 ジェイソン・テイラー Jason Taylor
 高須 大地
 大矢 修三

プログラム

〈演奏予定曲〉
 傘を忘れないでね!
 オクトーバー・ドリーム
 ムーンピローズ・シークレットソング
 『ブック・オブ・ソングス』より
 ホワット・ウッド・ユー・ライク・トゥ・ビー?
 バード・ガイ 
 ★全曲ジェイソン・テイラー作曲
 ほか
《聴きどころ&聴かせどころ》
 全曲ジェイソン・テイラーのオリジナル曲という珍しいクラシックギタートリオです。ギターという枠を越えた今まで耳にしたことのないサウンドを、優しく、美しい音色でお届けします。今回の演奏でも新曲演奏があります。
「3人の音色が、心のどこか――今まで触れることのなかった部分に触れるでしょう。

プロフィール

●ムーンピロー・アンサンブル(The Moonpillow Ensemble)
2011年結成。今までにないエモーショナルかつファンタスティックな音楽を追求する作曲家ジェイソン・テイラー自らが演奏メンバーでもあり、高須大地、大矢修三で構成されるギタートリオのユニット。2012年の5/R Hall & Gallery主催のファーストコンサートを皮切りにシリーズコンサートは5回を数え、詩的にしてファンタスティックな音楽が人気を呼んでいる。2013年に1stCD「ムーンピローズ・シークレットソング」発売。2015年に発表したペーパーオペラ(紙芝居オペラ)「月と珈琲の物語」は、小島伸吾氏の珈琲で描かれた珈琲発祥のオリジナル紙芝居(ジェイソン・テイラー作曲)は、様々なスポットからリクエストを受け再演される。2017年2月には「知多半島春の国際音楽祭2017」に出演、プロジェクターを使った本格的映像とのコラボレーション・ステージは大好評を得る。全国でも珍しいクラシックギター3艇をベースにした全曲オリジナルのプログラム、ゲストとのコラボレーションなど他にはない独自の世界観が各方面で高い評価を得ている。
 
●ジェイソン・テイラー Jason Taylor 作曲家、ギター、ピアノ
ピーバディー音楽院にて作曲科で修士号を修得する。作曲をニコラス・モー、クリストファー・セオファニディス氏に師事。ダン・コールマン、そしてアスペン音楽祭ではジョージ・ツォンタキス氏などにも師事。ギターを野村芳生氏に師事。2011年より3艇のクラシックギターを基本にムーンピロー・アンサンブルを結成。2012年より「人魚姫」弦楽四重奏+人形と朗読によるコンサートをヴァイオリンの森本千絵を音楽監督に人形劇団パン(近藤輝行主宰)とのコラボレーションで名古屋市内を中心に開催される。ファンタスティックな音楽そして朗読と人形劇の世界観が子供から大人まで楽しめると大好評を得て、 2017年には名古屋市内各区文化小劇場で8回に渡って開催された。 2017年2/28には ヴォーカリストのダニエル・ニアとのコラボレーションでニューヨーク にて、リサイタルシリーズ「ザ・ニューソング (The New Song) 」の記念すべき第1回目がマンハッタンのナショナル・オペラ・センターで開催された。これまでに作曲された多くの作品は日本国内およびニューヨーク・カーネギーホール( Weill Recital Hall )からボスニア・ヘルツェゴビナまで世界中で演奏されている。「I want to create music that simple and true.」をモットーとしている。
 
●高須 大地 Daichi Takasu ギター
幼少より高須勉民・高須恵に師事。その後、松永一文にギターを、エリカ・シュトローブルにメトーディック及び音楽理論を師事。2004年から開催された美山ギター音楽祭に4期全て参加。その中でS.グロンドーナ、T.ケインのマスタークラスを受講。2010年、第18回山陰ギターコンクール第1位。同年、第18回名古屋ギターコンクール第2位。2011年、第38回日本ギターコンクール第2位。ムーンピロー・アンサンブルメンバー。ホールやカフェなどで多数演奏。刈谷音楽協会理事。
 
●大矢 修三 Shuzo Oya ギター
高校時代に‘80年代ロックに多大な影響受け、大学時代にロックバンドで演奏活動を開始する。大学卒業後クラシックギターを速水ギター教室で学ぶ。その後クラシックギターを野村芳生氏に師事。音楽理論などを柴 信次氏に師事。ステファノ・グロンドーナ、パヴェル・シュタイドル各氏のマスタークラスを受講。名古屋クラシカルギター祭、やまのて音楽祭、愛知万博イベント等に出演。2016年 想・心・感~メルツ/タレガ/バリオス ギター作品選集CDをリリース。現在は名古屋市内を中心に演奏活動する傍らミューズ音楽館講師、ギタースクール ディー・ミュージックを主宰するなど精力的に活動している。近年ギター早期教育の第一人者の村治 昇氏の教室をたびたび訪問するなど子供の早期教育にも力を注いでいる。日本ジュニアギター教育協会理事。ムーンピロー・アンサンブルメンバー。
 
 
〈どうして“Y♡SEコン”なの??〉
【まず現状を見てみる】
 今までのような2時間弱のリサイタルやコンサート、また近年増えてきた1時間程度のランチタイムコンサートやワンコインコンサート、またショッピングモールやフリースペースで行われる20〜30分程度の無料のコンサートなどなど…。様々な形態での音楽イベントが増えてきた今、アーティストたちの表現の機会は増えつつあり、またその時間枠も常識にとらわれないものとなってきました。
 
【求められる内容は?】
 そんな中で、主催者は聴衆のことを考えます。クラシックファンを想定とした選曲、あるいは普段クラシックをあまり耳にしない人たちを想定した選曲など、プログラムからトークの方向性まで含め、いわゆる「お客様目線」で、というものです。
 さて“Y♡SEコン”ではあえて、その「目線」というものを演奏者に向けます。演奏者本人が、演奏したい作品を、自分の想いでお客さまに届けるのです。私たちのスタンスは、シンプルです。
 
【演奏時間は??】
 私たちの考える「45分」とは、誰もが演奏に集中できるマックスの時間です。学校の授業の感覚ですね。長ければ、いくらラグジュアリーな“5Rホール”の客席であってもせっかくの前向きな気持ちが持続しづらい、一方短いと、ものたりなく感じるものです。学校のように、10〜15分程度の休憩時間と、少し大きめの休憩(中入り)も設定。
 お客さまの好奇心が持続して集中できる環境を整えることで、よりアーティストの“想い”が伝わる45分なのです。
 
【なぜ4公演??】
 “Y♡SEコン”の大きな特徴の一つですね。(^^)
 ライフスタイル、人口構造などの変化により、人々の可処分時間そしてその時間帯は千差万別となってきました。人それぞれが自分に合わせて、自分の好きなように時間を使う行動パターンをみた場合、より幅広い選択肢を提供していきたいと考えます。そしてまるで寄席のように、一日でいろいろなパフォーマンスが楽しめる…。また「出入り自由」、とすることでさらにその選択肢を広げ、興味がある公演には足を運んでもらいやすくしたわけです。
 では興味がない公演は帰っちゃうのでは?という懸念があるかもしれませんが、反対に「45分」という美味しく&優しい時間のことを考えてもらうと、『じゃあ、これも聴こうかなぁ』と、能動的にコンサートを楽しんでもらう後押しができるのです。
 また、3つじゃちょっと少ない感じがするし、5つでは多いからムリかも、とすると4公演がベストという理由もあります。
 
【チケット料金が低額な理由は??】
 足を運びやすく…はもちろん、ご家族やお友達とも一緒に会場で聴いて欲しいから。
 デジタルコンテンツが全盛の中、あえて生演奏の素晴らしさに共感してもらえる機会を作ります。しかし、無料公演にはしません。タダだから行くという聴衆ではなく、お金を支払う価値があることを理解した聴衆と、共に時間を過ごしたいからです。
 
【パートナーについて・・・】
 Y♡SEコンのパンフレットに、“5Rホール”ご近所のお店や企業さんたちの紹介コーナーを掲載します。
 これには“5Rホール”のスタッフが、“生”情報を元に、自信を持ってお勧めするお店が満載です。コマーシャルや宣伝媒体に頼らない、まさに「足(と舌)」で選びに選び抜いた愛しいお店たち。Y♡SEコンの前後に、また合間に、あるいは今度千種に来たついでにでも、『みちくさ』してみてください! そう、それが『ちくさでみちくさ』。(^^)
 地元「千種」にこだわるのに、理由はありません。地元「千種」が大好きだから。話題の名駅でもなし、テレビでやってたスポットだからという基準で選ぶのではないですよ。
 わざわざ時間とお金を使って千種へコンサートに来てくれる人たちと、千種に根を張って楽しませてくれる個性的なお店の人たちとを結びつけたい!“5Rホール”がそんなキューピッド役をやれるなんて、幸せなことです。
 ※チケットの半券提示で特典も!!
 
【目指しているものは??】
 内容は「アーティスト目線」。
 概要は「お客さま目線」。
 そしてそれを結びつける「地元目線」。
 これが私たちの目指す、“Y♡SEコン”です!

みんなで、仲良く、楽しく、過ごすための、「Y♡SEコン」のルール
 
※席取りはお断りです!
 客席に置かれたお荷物,私物などは、それぞれの回の開演前にそのお席に着席された方がいなければ、主催者の判断で移動することがあります。その場合、他のお客さまへそのお席にご案内いたします。おトイレや休憩などで、たまたま開演まで間に合わなかった場合には、他のお座席をご利用ください。
 ご同伴の方のための客席キープも同様です。
 多くの方々に、着席して演奏を楽しんでいただくためですので、ご協力をお願いいたします。
 なおこの件で異議をお持ちの方は、公演日の前日までであれば、チケットの払い戻しに応じます。
 
※お席を離れる場合には、必ず『半券』をお持ちください♪
 4公演とも出入り自由の公演というのが、「Y♡SEコン」の大きな特長です。なので、各公演の間や開演中にお席を離れる場合には、再入場でお戻り際にホールスタッフに「半券」をご提示ください。「半券」をお持ちでないと、再入場なのかわかりませんので改めてチケットのご購入が必要となります。
 
※未就学児童・未就園児のご入場について
 「Y♡SEコン」のシリーズでは、特に未就学児童・未就園児の方のご入場の制限は設けておりません。このことは各出演者にもご了承をいただいております。ただし、場内で演奏や鑑賞の妨げとなるような場合には、ホール内からのご退室をお願いいたします。
 館内には、乳幼児受け入れのための「託児所」「授乳スペース」「おむつ替えコーナー」「ベビーカー置場」はございませんのであらかじめご承知ください。また交換したおむつは、ご自身にてお持ち帰りください。
 ご入場においては、未就学・未就園児童であってもチケットが必要となります。
 
※転売の禁止について
購入されたチケットを金券ショップ、オークションサイト等で転売することを禁止します。発見された場合該当チケットは、そのチケットではいかなる場合でも入場ができなくなります。ご注意ください。

窓口、電話でのお申し込みの際、公演日と公演名を伺いますので、予めお控えください。

チラシをダウンロード このページを簡易印刷

このページのTOPへ