公演情報詳細

販売中 主催

 ★会場は「愛知県芸術劇場 大ホール」です★ 玉置浩二ソロデビュー30周年記念公演

KOJI TAMAKI −PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2017− THE GRAND RENESSANCE

2017年、初夏の陽光のなかで玉置浩二の新しいオーケストラ公演の幕が上がる。
2015年より国内外の名手たちとの共演が実現したビルボードクラシックス公演によって、玉置浩二は
日本の音楽シーンに新しい軌跡を築いた。そして、圧倒的な歌唱力と深遠な作品群は、国境を越えて聴衆の心を揺るがした。
ビルボードクラシックの舞台で発表された玉置作曲による管弦楽作品「歓喜の歌」。
その生と死の旋律は、2016年10月、ジュネーブ・欧州国連本部における平和祈念コンサートの舞台に響いた。
そして、いよいよ玉置浩二の深化した世界を示す“THE GRAND RENAISSANCE”が始動する。
溢れる管弦楽の響きとともに、玉置浩二、安全地帯の名曲の数々が清新な生命を纏い誕生する。
その時、玉置浩二の心底にある遠い郷愁と深い呼吸を導く音楽は、時間を越えて貴方の大切な“あの頃へ”と誘う。
 
主催:ビルボードジャパン
後援:米国ビルボード
協力(名古屋のみ):5/R Hall&Gallery 音楽ホール、ミュージック・ステーション

 ★会場は「愛知県芸術劇場 大ホール」です★ 玉置浩二ソロデビュー30周年記念公演

 ★会場は「愛知県芸術劇場 大ホール」です★ 玉置浩二ソロデビュー30周年記念公演

チケット詳細

日時 07月26日 (水) 19:00開演 (18:00開場)
料金 全席指定: 一般 11,000円

特製プログラム付き
※未就学児童入場不可
 
【お問い合わせ先】
サンデーフォークプロモーション 052-320-9100 (10:00~18:00)
http://www.sundayfolk.com

販売期間 04月01日(土) 11:00〜07月25日(火) 23:59
出演者

玉置 浩二
栁澤 寿男(指揮)
ビルボードクラシックスオーケストラ(管弦楽)

プロフィール

玉置 浩二
1958年生まれ。北海道出身のシンガーソングライター。1982年バンド「安全地帯」としてデビュー。「ワインレッドの心」、「恋の予感」、「悲しみにさよなら」など80年代の音楽シーンを席巻。ソロ活動で作詞も手がけ始め、「田園」をはじめとする多くのヒットを生み出す。 2012年には、オリジナルレーベル「SALTMODERATE」を発足。安全地帯とソロの活動を並行して行いながら、2014年、7年ぶりとなるオリジナル・ソロ・アルバム『GOLD』、そして同じ時代を共有してきたアーティストの名曲を歌ったアルバム『群像の星』をリリース。2015年・2016年、国内外の主要オーケストラと共演するビルボードクラシックス公演を実施。2016年6月、バルカン特別編成交響楽団に管弦楽作品「歓喜の歌」を謹呈。 同作品は10月、スイス・ジュネーブの国連欧州本部における平和祈念コンサートで演奏され、欧州初演を飾った。
オフィシャルサイト
http://saltmoderate.com/
 
栁澤 寿男:指揮
旧ユーゴを中心に活動する日本人指揮者。05-07年、マケドニア旧ユーゴ国立歌劇場首席指揮者。07年、国連暫定行政ミッション下のコソボフィル響首席指揮者に就任。同時に、サンクトペテルブルグ響、プラハ響、フラデツクラロヴェ響、西ボヘミア響、サラエボフィル、ベオグラード国立歌劇場、セルビア放送響、アルバニア放送響などに客演。07年、旧ユーゴの民族共栄を願ってバルカン室内管弦楽団を設立。09年、コソボ北部ミトロヴィッツァで国連開発計画、国際安全保障部隊、コソボ警察の尽力を得て開催された民族混成オーケストラによるコンサートは奇跡のコンサートとも言われ、日本の高等学校教科書「世界史A」(実教出版)にも記載されている。10年、ニューヨーク国連総会に付随するイベント「バルカン・リーダーズ・サミット」で演奏。11年、ウィーン楽友協会公演を実現。15年、World Peace Concertをスタートし世界各地でコンサートを行っている。国内では、新日フィル、日フィル、東フィル、東響、都響、シティフィル、札響、仙フィル、群響、名フィル、京響、大フィル、兵庫芸文管、日本センチュリー響、九響、アンサンブル金沢などに客演。現在、バルカン室内管弦楽団音楽監督、コソボフィル響首席指揮者、ベオグラード・シンフォニエッタ名誉首席指揮者、ニーシュ響首席客演指揮者。書籍に「バルカンから響け!歓喜の歌」(晋遊舎)。
 
ビルボードクラシックスオーケストラ:管弦楽
ビルボードクラシックスが主宰する新しい音楽を創出に挑む演奏家たちによる特別編成オーケストラ。大友直人指揮福原美穂スペシャル・クラシックコンサート(2014年2月11日フェスティバルホール)では、
その豊潤な響きが観客を魅了した。近年、先鋭的音楽活動が注目されている京都フィルハーモニー室内合奏団を中核に編成。新しい音楽を開拓する意思のもと、関西の主要オーケストラから選抜した俊英演奏家たちが集結。

※未就学児童の入場制限について
ホール内は指定された公演を除き未就学児童は入場することができません。予めご了承ください。

※転売の禁止について
購入されたチケットを金券ショップ、オークションサイト等で転売することを禁止します。発見された場合該当チケットは、そのチケットではいかなる場合でも入場ができなくなります。ご注意ください。

窓口、電話でのお申し込みの際、公演日と公演名を伺いますので、予めお控えください。

このページのTOPへ