公演情報詳細

販売中 残りあとわずか 主催

Trio Licht −光− 前田祐里(Pf)・波馬朝光(Vn)・山田真吾(Vc)

ピアノトリオコンサート

【主催】
 ON music project
【共催】
 5/R Hall&Gallery 音楽ホール
【協力】
 ミュージック・ステーション

Trio Licht −光− 前田祐里(Pf)・波馬朝光(Vn)・山田真吾(Vc)

Trio Licht −光− 前田祐里(Pf)・波馬朝光(Vn)・山田真吾(Vc)

チケット詳細

日時 08月26日 (土) 14:00開演 (13:30開場)
料金 全席自由: 一般 3,500円 学生 3,000円
販売期間 04月25日(火) 17:00〜08月25日(金) 23:59
出演者

Trio Licht
 前田 祐里(Pf)
 波馬 朝光(Vn)
 山田 真吾(Vc)

プログラム

L.v.ベートーヴェン/ピアノ三重奏曲 第4番 Op.11
S.ラフマニノフ/悲しみの三重奏曲 第1番
J.ブラームス/ピアノ三重奏曲 第1番 Op.8

プロフィール

前田 祐里(ピアノ)
3歳からヤマハ音楽教室で学ぶようになり音感教育幼稚園にて絶対音感を身につける。
9歳より作曲を学び始め、1993年には国境なき医師団、ヤマハ主催、フランス パリの“サル・プレイエル”にて開催されたジュニアオリジナルコンサートに出演し、テレビ放映、1998年ウィーン音楽コンクール・イン・ジャパンにて中学生の部1位ならびにウィーン市長賞を受賞。2002年ドイツにて行われた、“青少年のためのエトリンゲン国際ピアノコンクール”でファイナリストとなりドイツ留学を決める。菊里高校音楽科卒業後、ヤマハ音楽支援制度の奨学金を受け、すぐに渡独。翌年、マンハイム音楽大学に入学、2009年に満場一致の最優秀の成績で卒業する。
2007年青少年バルレッタ市国際ピアノコンクール(イタリア)にて1位ならび古典ソナタ賞をモーツァルトソナタで受賞。2007年、2008年マッカーニョ市国際ピアノコンクール(イタリア)にて1位なしの2位を二度受賞。同年ステファーノ・マリッツァ国際ピアノコンクール(トリエステ・イタリア)にて2位受賞。これまでにDeutsche Staatsphilharmonie Rheinland-Pfalz (ライン ラント=プファルツ州立フィルハーモニー管弦楽団)、Philharmonie Baden-Baden(バーデンバーデンフィルハーモニックオーケストラ)、名古屋室内管弦楽団と共演。また2008年にイタリア、ミラノTeatro Dal Vermeにてソロリサイタルデビュー後、イタリア(ミラノ、マッカーニョ、トリエステ他)、スロヴェニア、クロアチア、オーストリア、ドイツ(マンハイム、ハイデルベルク、ヘッペンハイム、マルシェ、ヘムスバッハ、バーデンバーデン、ルードヴィクスハーフェン、カールスルーエ、セレスハイム、ヴィルヘルムスハーフェン、ヴァンハイム他)、フランス(パリ、ニース、サントロベ、ボンソン)などでリサイタルを行う 。2010年より3年連続ヤマハYPFピアノフェスティバルにてゲスト演奏。2013年マンハイム音楽大学ソリステン科を卒業、国歌演奏家資格を取得。2014年にNHK-FMリサイタル・ノヴァ出演。2010年より、ニース国際ピアノコンクールでの審査員を、これまでにK音楽コンクールやイモラピアノオーディション等の審査員をつとめる。
http://yurimaeda.com/
 
波馬 朝光(ヴァイオリン)
5歳よりヴァイオリンを始める。愛知県立芸術大学音楽学部器楽科、同大学研究科卒業。第4回、第5回蓼科音楽コンクールin東京第1位、第20回日本クラシック音楽コンクール全国大会第3位(最高位)、第1回全日本芸術コンクール全国大会最優秀賞等、多数受賞。
国内外の音楽祭、セミナーに積極的に参加し、推薦コンサートに出演。
大学在学中、定期演奏会、室内楽の楽しみ、室内楽の夕べ、卒業演奏会に出演。平成23年度優秀学生賞、平成24年度中村桃子賞、桑原賞受賞。
’11JT主催「期待の音大生によるアフタヌーンコンサート」に出演。
’07シンフォニア徳島、’14愛知オーケストラ連盟ユースオーケストラ、’16愛知学泉大学オーケストラと共演。
(財)よんでん文化振興財団奨学生。
これまでに渡辺りえ、林靖子、M.イウラート、吉川朝子、福本泰之、D.ノーランの各氏に師事。
現在、東海地方を中心に、ソロや室内楽、アマチュアからプロのオーケストラでのエキストラ出演等、様々な音楽活動をしながら後進の指導を行っている。
trio*hanabi、4416SQメンバー。
安城学園高等学校非常勤講師及び弦楽コーチ。
 
山田 真吾(チェロ)
6歳より才能教育研究会でチェロを始め、岐阜大学工学部卒業後、ハンガリー国立リスト音楽院修了。
第14回ブルクハルト国際音楽コンクール弦楽器部門第2位(最高位)。第2回東京サミット音楽コンクールグランドファイナル銀賞。第22回ヨーロッパ音楽コンクール弦楽器部門第3位(イタリア)他国内外のコンクールに入賞。ニューヨークサミットミュージックフェスティバル、ハンガリーフエスティバル、ミッドランド音楽祭、kt-planning主催室内楽の愉しみシリーズ等に出演。ブダペスト、香港、東京、名古屋、岐阜でリサイタルを開催。
日本円(箏)連盟主催新進演奏家育成プロジェクトオーケストラシリーズにて円光寺雅彦指揮名古屋フィルハーモニー交響楽団と共演した他、ケリ・チェン指揮セントラル愛知交響楽団、ケン・ジェン指揮香港ベルカントオーケストラ等と協奏曲を共演。
これまでにチェロを林良一、オンツァイ・チャバ、ケルテス・オットーの各氏に、室内楽をビバリー・ラースロー、ゲーザ・ハルギタイの各氏に師事。
現在ソロ、室内楽奏者として活動する一方、オーケストラの客演首席奏者も務める。

※未就学児童の入場制限について
ホール内は指定された公演を除き未就学児童は入場することができません。予めご了承ください。

※転売の禁止について
購入されたチケットを金券ショップ、オークションサイト等で転売することを禁止します。発見された場合該当チケットは、そのチケットではいかなる場合でも入場ができなくなります。ご注意ください。

窓口、電話でのお申し込みの際、公演日と公演名を伺いますので、予めお控えください。

このページのTOPへ